名所巡礼・・・
特別に有名なメッカがあるわけでもないいなかの街角に、突如、若者が多く訪れる事態が話題となっています。
なんでそのような事が起きているのでしょう!
それは「アニメ」です。
「アニメ」の本番となった住所を“名所”とし訪れ撮影などなどをするのです。
あの状勢は、ここでの角度ですとか
あのJRに乗って・・・とか

大勢がその住所を訪れる事によって、おいしい道筋もでてきました。
そこに行くための乗り物、そこで所々を巡り、そっちの物を食べる・・・
こういう減少が景気威力に衝撃大で、田園も逆にアニメの名所をうたって人間を呼び込もうと盛り上げている行政もあるくらいです。
しかしながら、うれしい半面、田園先住民は静かな住宅要所が侵されていると鬱積の考えも多いらしい。
なんでも無く暮らしていた住宅要所にがやがやと若者がわんさかやって来て
再び礼儀が悪かったりしたら怒るのもわかりますよね。

日本のアニメは実情に誇れる伝統だ!!といわれている昨今
確かに日本のマンガやアニメは世界で大躍進をしています。

「ワンピース」「ドラゴンボールZ」「ドラえもん」などなどなどなどあげていたらきりがありません。
でも現時点あげたこんな作はトータル架空のお願いでした
アニメやコミックが架空(空想)の実情だったのは自身がこどもだったご時世までの課題。

最近では現実に存在する住所であったり、実存するようなキャラクターであったり・・・
だからなのか、現実とコミックでの課題に境目がなくなっていらっしゃる。
戸惑いたくなるのは、異性標的もアニメのキャラクターだったりするから理解できない。
確かに、こんなにも素敵な人がいたら・・というのは昔からあった課題だが、
アニメのキャラクターと異性できる舞台などなどたくさんあって課金してお伝えできる・・・!!
かなり我が国はどうしてしちゃったんだよ〜
お金を使う段階で、これは現実ではないと何で気がつかないのでしょうか!
若者よ、バッチリせい。

今の社会事態といえるスマホアプリの実情も酷い状況です。

アプリケーションの受信にいたっては 便利ではあるがそれによってプライバシーに集客できる!とか

スマフォは恐ろしい、スマフォは嬉しい、スマフォならできる・・・
色々なお得を並べ立てて、こどもを誘惑するのに、「やり過ぎはいけません」とつっぱねる
いやースマホの世、感化だらけの実情を作るだけ作って、ダメだよーっていわれても・・・ねえ〜

なにが現実でここから尖端は違う世界の事項。その発見ができればやけに興味深い先々がそこにあるんですね!!http://verocriminallaw.com/